ベビーサイン

ベビーサイン、聞いたことがありますか?

まだまだ初めて聞く方も多いかもしれません。

子育てが楽しくちょっとだけラクになるかもしれないベビーサインについてご紹介します。

ベビーサインってなに?

まだうまく話せない赤ちゃんと手話やジェスチャーを使ってお話する育児法。

赤ちゃんは、あーうーなど声を出すところから始まり、わんわんやまんまなどのおしゃべりができるようになるまでに、どんなに早くても1年以上かかります。

さらに誰がきいても意味がわかるくらい流暢におしゃべりができるようになるには、だいたい2年や3年以上・・・

あっという間のような気もしますが、育児中のママやパパは

「さっきおっぱいあげたのになんでこんなにぐずぐずなの??」

「ひたすら指差ししてるけど、何がしたいの??」

「会話にならない赤ちゃんと二人きり・・・やってられない!」

なんて感じることがあると思います。

そんなとき!

ベビーサイン育児を取り入れると、少し育児がラクになるかもしれません!

赤ちゃんの要求がわかる!

赤ちゃんがぐずぐずなとき、お腹がすいたのか、眠いのか、遊びたいのか・・・

ママやパパがかまってくれさえすればなんでもOK!というときももちろんあります

しかし・・・赤ちゃんだって、「これをしてほしいんだ!!!!」

と明確な意思をもっています。

そんなときベビーサインを取り入れていると・・・

「ミルク・おっぱい」のサインを赤ちゃんに見せると「にこ~💛」っとなる

「おやすみ」のサインで「僕はねむいよー」と伝えてくれる

「靴」のサインで「外にいきたい!」と伝えてくれる

おしゃべりする前からこんなにたくさんのことを伝えてくれます!

自己肯定感を育てられる✨

今何かと話題の「自己肯定感」

ベビーサインを育児に取り入れると、それだけで赤ちゃんの自己肯定感を育てられることはもちろん、育児をしているママやパパの自己肯定感も上がる気がします!

なぜなら・・・

例えば・・・「あっあっ」と声を出しながら指を動かす赤ちゃん

ベビーサインがなかったら・・・

「あ・あ だねー」「おなかすいてるのかなー?眠いのかなー?」

で終わりですが

ベビーサインがあったら・・・

「どこ見てるのかな?あ!鳥さんいたねー!」

と、赤ちゃんが何をみているのか、何を伝えたいのかを受け止めてあげることができます✨

さらにさらに!!!

ママやパパが、ベビーサインによって「赤ちゃんの考えを垣間見ることができた👀」

という体験をすると、

「この子の思いを受け止めることができた。」と子育てに対して少し自信がもてるようになります。

赤ちゃんのかわいい瞬間がたくさん!

寝返りができるようになったとき・・・

不思議そうに自分の手を見ているとき・・・

ハイハイできるようになったとき・・・

笑顔のとき✨

赤ちゃんのシャッターチャンスは毎日いろいろな場面でありますが、ベビーサイン育児をしているとさらにさらにたくさんシャッターチャンスが巡ってきます!

動物園に行ったら・・・

「うさぎ!」「ライオン!」「きりん!」

とそれぞれの動物を見つけたことを教えてくれます。

お散歩に行ったら・・・

「お花!」「葉っぱ!」「車!」「犬!」

と毎日が発見でいっぱいの様子を見せてくれます。

ママやパパからの独り言で終わらないお散歩はとっても楽しいです♪

まとめ

他にもまだまだいいことづくめなベビーサイン。

他にどんな楽しいことが待っているのか、マンガで紹介している本も出版されています。

「ベビーサインやってみたい!」

と思ったら・・・

生後2か月から6か月ごろ(お座りする前まで)ならプレベビーサイン教室おてて

お座りできるようになってから1歳半ごろまではベビーサイン教室おてて

にぜひお越しください✨

教室についてはこちら!

【募集中】オンラインベビーサイン体験会!
こんにちは!音楽療法士・ベビーサイン講師 金本夏希です。 オンラインでのベビーサイン体験会を行います! (画像はオンラインレッスンの様子) そもそもベビーサインってなに?って方はコチラへ↓ 本当は実際に対...
タイトルとURLをコピーしました