絵本と音楽

音楽療法

バイトーン.comでは、BGM演奏の他、音楽療法も承っております。

音楽療法といっても一言で説明するのは難しいので、実際に行うプログラムのねらいを少し書いてみようと思います。

小学生以下の子どもたちがいるグループで私がよく行っているプログラムの一つは、

絵本

です。

とはいってもそこは音楽療法の中のプログラムですので、ただ読むだけではありません。

私が音楽療法の場で出会う子たちは、話し言葉を聞き取って、それに合わせた行動を行うことが難しい子が多いです。

そんな子たちの中には、ただじっとして聞いているだけの朗読だと、絵は楽しめても正確に言葉の意味を受け取りきれず、飽きてしまう子が多くいます。

そこで

音楽!

絵本に限らず、パネルシアターでも構わないのですが、

メロディーとともにお話します。

そうすると、自然とそのお話を楽しむために必要な単語が印象に残り、お話を楽しめる可能性が増えてきます。

ということで、絵本を使うねらい!

  • 一冊の絵本に集中することができる
  • その本が伝えたいことも知ることができる

じゃあさっそくうちの子にメロディーつきの絵本を!

と思うと…なかなかコレ!というものを探し出すのは大変です。

こればっかりは、本屋さん、図書館に定期的に行って、出会いを待っています。

ですが、

あめふりくまのこ

鬼のパンツ

など、歌が先にあり、それに合わせて絵本になったものもありますので、それでも歌のイメージを想像するのが難しい子たちにはいいと思います。

最近は、youtubeで絵本を朗読してくれている方もたくさんいますので、その中から歌があるものを探してみるのもいいかもしれません。

Follow me!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。